代表挨拶

地域に根ざして、自分や自分の家族がしてもらいたいサービスを地域に根ざして、自分や自分の家族がしてもらいたいサービスを

自分や自分の家族がしてもらいたいサービス。
その実現を目指して創業したベネッセの介護事業、保育事業は、お客様とともに20年以上の歴史を積み重ねてきました。
お客様から教えていただいたこと、たくさんのエピソード、そのすべてが掛け替えのない財産です。

ベネッセの老人ホームのご入居者様は平均年齢87歳。
お元気な方から、お手伝いが必要な方、認知症をおもちの方まで、幅広いお客様にご利用いただいています。
病院等ではなく、ベネッセのホームをさいごの場所として選んでくださる方もいらっしゃいます。
87年の「生き方」と「こだわり」を学び、その方らしさに深く寄りそうこと。これまでも、そしてこれからも、私たちが大切にしていきたい姿勢です。

よりよく生きる力の基礎を育てる。それが、ベネッセの保育理念です。
企業として全国初の「公設民営保育園」の運営を受託するなど、多くの自治体から評価をいただいてきました。
同じものは一つとしてない個性を一緒に見つけて、成長のタイミングを見守ること。一人ひとりの「その子らしさ」を認め、引き出していくこと。
それらを通して、自信と意欲をもって未来を生きるための土台を育んでいきます。

老人ホーム・在宅介護の事業所も、保育園・学童も、その地域で暮らす方々にとって身近な存在であり、
介護、子育てで困ったことがあれば、気軽に相談に行ける場所でありたいと考えています。

赤ちゃんからお年寄りまで、一人ひとりに寄りそうベネッセグループの象徴的な事業として、
地域に根ざした、お客様が主役の介護サービス、こども・子育て支援サービスに、全力を尽くして取り組んでまいります。

2015年12月1日
代表取締役社長

滝山真也