行動宣言・行動基準

『ベネッセスタイルケア宣言』とは、お客様と従業員の「よく生きる」を実現するために、ベネッセスタイルケアで働く従業員が何を大切にしなければならないのか、その判断基準と行動のあり方を示すものです。
「介護サービス事業版」「保育サービス事業版」と事業ごとに制定しておりますが、ここでは、「介護サービス事業版」の一部をご紹介させていただきます。

ベネッセスタイルケア宣言

2005年4月制定 2008年6月改定

ご利用者やご家族に信頼され、
安心して生活していただける
ホームを目指して

(介護サービス事業版から抜粋)

ベネッセスタイルケア従業員の判断基準

5つの行動宣言

「自分の親を安心して任せられるホームですか?」「自分自身が入りたいホームですか?」
私たちは、お客様にベネッセスタイルケアに任せてよかったと思っていただけるホームを目指します。
  • 私たちは「お客様本位」
    を常に考えて行動します。

    私たちは、お客様の「自分らしく生きること」を何よりも優先します。
    お客様への尊敬の念を基本にした“徹底したお客様志向”と“お客様との共創”がサービスの基本であり、お客様の満足度を高めることに妥協はしません。

  • 私たちは「公明正大」に行動します。

    私たちの仕事は、「誠実であること」が基本になります。
    法令・社内ルールを守り、ごまかしや偏見のない態度や行動こそが真の信頼を得るということを忘れず、常に事実に基づいた行動をしていきます。

  • 私たちは「人の和と思いやりの気持ち」に満ちた行動をします。

    私たちの行動や表情の一つひとつがホームの雰囲気を作っていく大切な要素です。職場では、一人ひとりが、秩序と規律を重んじ、自省と協調に心がけ、明るくやる気と活気に満ちた職場作りに積極的に取り組んでいきます。

  • 私たちは「プロとしての自覚と誇り」を持って行動します。

    私たちは、お客様にとって常に「サービスのプロ」でなくてはなりません。
    「それは、自分に対して誇りを持てる行動だろうか」という気持ちを忘れず、自己研鑽のための努力を積極的に行います。

  • 私たちの全ての言動は「会社(ホーム)の価値を左右する」ものと認識して行動します。

    一人ひとりが会社(ホーム)の顔です。その一挙手一投足がそのまま会社(ホーム)の評価につながることを肝に銘じて行動していきます。

ベネッセスタイルケア従業員の行動のあり方

10の行動基準

お客様の信頼にお応えするために

  • お客様への思いを形(サービス)にしていくことに全力を尽くします。
  • お客様のご満足のために徹底してサービス力を高めます。
  • 契約やお約束を必ずお守りすることでお客様の信頼を裏切りません。
  • 介護事業に関連する法令や公のルールを遵守します。
  • お客様が信頼して預けてくださる情報の管理を徹底します。
  • 万一の場合の危機管理、リスクを徹底します。

よりよい職場作りのために

  • 互いに気持よく働ける職場環境を築きます。
  • 誇りをもって働ける職場を維持するために行動します。

公明正大に誠実に働くために

  • 会社に不利益をもたらす行為は行いません。
  • 会社の代表として行動し、不正に関わりません。