沿革

介護事業

  • 1995年
    「ホームヘルパー養成講座2級課程」を開講(通信教育で日本初)
    ホームヘルプサービスを開始
  • 1997年
    岡山県、東京都で高齢者向けホーム「くらら」をオープン
  • 1999年
    仙台市より通所介護サービス事業の運営受託
  • 2000年
    (株)ベネッセコーポレーションが東証1部へ株式上場
    介護事業の運営会社(株)ベネッセケア設立
    1986年から高齢者向けホーム「グラニー&グランダ」を運営する、伸こう会(株)がグループイン
    「くらら鷺沼」が「日経2000年優秀先端事業所賞」受賞
  • 2002年
    杉並区PFI方式新型ケアハウスの事業者に決定(日本初)
    千葉県で介護付有料老人ホーム「まどか」をオープン
  • 2003年
    ベネッセグループの介護事業会社、(株)ベネッセケア、伸こう会(株)、
    (株)ベネッセシニアスタイルの三社を統合し、(株)ベネッセスタイルケアとして営業開始
    東京都で介護付有料老人ホーム「アリア」をオープン
  • 2005年
    「アリア高井戸」が、暖かく優しい空間形成への取り組みを評価され「グッドデザイン賞」受賞
    ベネッセが運営する高齢者向けホームが100箇所を超える
  • 2006年
    「まどか」シリーズ初の24時間看護職員常駐の「メディカルホームまどか浦和領家」オープン
  • 2008年
    東京都練馬区に、ベネッセ初の介護と保育の複合施設として「くらら大泉学園」と
    「ベネッセチャイルドケアセンター大泉学園」がオープン
  • 2010年
    (株)ボンセジュールがグループイン
  • 2011年
    埼玉県・千葉県で介護付有料老人ホーム「ここち」をオープン
    ベネッセの6つ目のシリーズとなる
  • 2012年
    (株)ボンセジュール統合
  • 2014年
    東京都でサービス付き高齢者向け住宅「リレ」をオープン
  • 2016年
    (4月時点)高齢者向けホームは全国に293箇所となる
    アリア
    21箇所
    くらら
    42箇所(ケアハウス含む)
    グラニー&グランダ
    123箇所
    まどか
    55箇所
    ボンセジュール
    39箇所
    ここち
    11箇所
    リレ
    2箇所

保育事業・学童事業

  • 1994年
    米国幼児教育施設との提携により保育事業を開始 第1号園を川崎市にオープン
    その後も駅型保育園を中心に展開
  • 1998年
    米国幼児教育施設との提携終了 独自の「保育の考え方」に基づく運営へ変更
  • 2001年
    三鷹市で企業として初の公立保育園の運営受託
    その後も首都圏を中心に公設民営園を受託
  • 2004年
    4月(株)ベネッセコーポレーションで展開していた保育事業を(株)ベネッセスタイルケアへ移管
  • 2008年
    東京都練馬区に、有料老人ホームとの複合施設として「ベネッセ 大泉学園保育園」をオープン
  • 2014年
    学童事業を開始 川崎市に有料老人ホームとの複合施設として「ベネッセ 学童クラブ生田」オープン
  • 2015年
    東京都文京区の放課後事業の運営受託
  • 2016年
    (4月時点)
    保育事業 認可保育園・保育室41箇所、認可外保育園・保育室3箇所、一時保育室1箇所、計45箇所を運営
    学童事業 学童クラブ5箇所、放課後事業5箇所 計10箇所を運営